FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あざといったらありゃしない。 - 2014.03.24 Mon

2014323andy.jpg


そうじゃありませんか。

遙か昔、悲運のまんねがカムバックした
伝説のペンミ(First Loveは聴くたびに涙を誘います)。
その切なくも美しいシーンを再現しようとは。
そりゃ泣いちゃうってペンは。
満面の笑顔を見せるひょんずに比べて
涙を堪えるのに必死なまんねの表情を見れば
この何か月かをどんな思いで耐えてきたのか。

しかし良かったのは彼がペンに謝れたことだよ。
本人からの説明も謝罪もないままカムバックしたら
ペンは納得できないでしょ。
すごくすごく心配で辛くて勇気がいったと思うけど
たくさんのペンの前で自分の口で気持ちを投げたこと、
きっとこの先の本当のカムバックへの道を
正々堂々と進んでいけるよね。
10月に予定しているらしいシナのカムバック、
憂いなく楽しみにできるね。







スポンサーサイト

16th - 2014.03.22 Sat

20140322shinhwa.jpg


さてまたまた久しぶりである。

明日(今日?)はシナの16周年コンサートの初日。
まんねのいない5人でのコンサート。
大人の事情をぶっとばしてシンコム潰す勢いで
中止してほしいとはペンのある意味信仰心。
しかし、大人であるシナは大人の事情をスルーするわけにはいかない。
彼らだけの問題ではないのは私とて大人、理解できるのである。
いや、理解するべきであろう。
多くの人々が参して作り上げるコンサートだから
その一人ひとりに対する責任はシナが取らなければならない。
ペンの不満、抵抗を承知しながらもシナはステージに立たなくてはならない。
その覚悟のもとなら、愛する弟を独りにしても、いや心では6人だから
彼らのなかではともにやり遂げるコンサートになるはずだ。

昨年の活動が華やかであっただけに、身贔屓すれば不運とも思える
こういう苦難の、もちろん自分たちが招いたことであっても、
そういう歴史のなかをシナはずっとこの先も泳いでいくのだろうか。
そしてペンもまた。

シナペンはコンサートに行く。
6人が5人になることは無いと信じるこころをもって
彼らがどのような形で信念を見せてくれるのか
確かめにコンサートへ出かけていく。

私はここにいよう。
シナとシナペンとその16年を思いながら
コンサートが成功するよう祈り
何か嬉しい消息が聞けないか期待しながら。



へ様せんいるでしたん。 - 2013.11.27 Wed

20131127hyesung_2013112723540621a.jpg



へ様、お誕生日おめでとうでした。
もう35歳(韓国年齢)になられたとはっ!!!!


824248893.gif


お元気そうで何より。

バラエティ、素で頑張ってますけど
神の器たる類まれな歌い手としての道もお忘れなく。
てかコンサートあるんですけどね。
もちろん行けませんが。
(ミヌのクリコンだって行けませんがな)


20131127dongwan.jpg


あ、すまん。
忘れてなかったけど
ブログ閉鎖してたんだもん。
11月21日35歳のお誕生日おめでとうございました。
(4人同じ齢っていいよね^^)
あなたの大活躍はシナに大貢献です。
しかしシナバンソン、いないと結構寂しいぞ。



うちのPCってば、大量のシナメンサジンが。
もちろん各シナペンさんも同じでしょうけど
整理されてないったら世界一のシナペンかもしれん。
そんでサジン探すの苦労ですの。
どんだけへ様のサジンが多いか、
ヘソペンかっ!私はっ!


さて、久し振りである。 - 2013.11.26 Tue

何から書けばいいのか皆目分からないけれども
書いてみたい衝動に駆られている自分がいます。
シナがカムバックして2年、
それぞれによく働いてペンを感動させ喜ばせてくれました。
そして今年はThis Loveがそこそこヒットして
話題にもなり年末の賞レースにも久しぶりに登場か!というところで


20131125andy.jpg


うちの可愛いまんねが・・・・

おかげさまで神話放送は4人で
賞レースも参加せず
来年のカムバックも怪しい状態。
らしい・・・・



ま、いいんじゃね?
まんねが賭博!
ありえねええええと思ってたけど
考えてみれば
あの子もシナメン。
真面目で優等生だけど
シナメン。
最強ダークヒーローたるシナメン。

なんかさあ、おかあちゃん安心したよ、反対に。
あんまりいい子だから心配してたよ。
あのハチャメチャなひょんずの後始末ばかりして
ひとり働いて大変だなあと思ってたよ。
このやんちゃめ。
人間くさい、あまりにも人間くさい
シナのさすがにまんねだ。

しかしまあ国法だからね。
しかも奉仕中だからね。
いまさらな話だけど
とっくに反省しまくってたと思うけど
自粛は仕方ないからね。

ひとりでは心細いエリックが
可哀想だから
早く帰ってきてほしい。
まんねが帰ってこれるよう
シナメンはみんな自分のお仕事頑張るんだよ。

シンパンはどんちゃんもいなくて
4人だからとても寂しいけど
バラエティに目覚めたへ様が
頑張るだろうから細々でも続けて
早くどんちゃんとまんねと
6人揃って安心させてくれ。


それにしても
どんちゃんがシークレットゲストとかで
シンパンに出演してくれたら
嬉しいんだけど
ミュージカルって大変だもんな。
気が抜けないもんな。



4年待ったから
ちょっとぐらい平気。
寂しくても平気。
ミヌはクリコン、へ様は年越しコン。
ソロ活活発にしていれば
時間が経って
すぐ時間が経って
また6人揃ったうりぬ~~ん見られる。



ところでチキンマニアのカレンダー
アマゾンで予約しちゃったけど
あれって売り物だったんだっけ?



神話再臨 - 2012.06.08 Fri

何から書けばいいのだろうか。
また自問する。


シナがカムバック会見をしてから
彼らの怒涛の活動をただ追いかけるのみだったこの三か月。
カムバックってこういうことなのね、とは盟友T嬢のつぶやき。
音楽番組のみならず当代のあらゆるバラエティ番組に出演、
2003-2004年ころのシナ怒涛のTV占拠を思い出させるようだった。
もちろんリアルに知っている訳では無いけど
ゆーちゅーぶのお蔭でまるで見たきたように語れる管理人です。

この嵐のような活動のなか一番盛り上がったのは
Mカウントダウンでの一位だっただろうか。
CDの売り上げとか音源のDLとか番組放映中の携帯メールとか
ありとあらゆる部分での競争にシナチャンジョが必死に票をかき集め、
もちろん日本においてもお母さんお姉さんペンが
仕事中も携帯を手放さず、の健闘でもぎとった
まさにペンの愛の結晶である一位。
愛を常に口にするここの管理人Gは
情けなくも人気投票にポチしにいくぐらいしかしてないけどね。
まったく他力本願ながらペンの結束力、
伝説のシナチャンジョの底力を眼前にして
ただただシナをめぐるすべての人を愛さずにはいられない
そういう気持ちになったのが正直本音である。






あれこれとこの三か月を振り返ってみれば
「王の帰還」という表現が正しく思える。
アイドルが大量生産されているのこの時代に
シナが戻ってくることの困難は
熱狂的ファンであっても想像していたことだった。
しかし、その苦しい想像の殻を軽々と打ち破って
シナはまるで老木からにわかに芽吹いた若葉のように
生き生きと鮮やかに手足を伸ばして
しかもデビューしたばかりの頃の熱意をもって
新しい音楽で新しいダンスを踊ってみせた。
彼らがペンとの約束、といって差し出した
10枚目の正規アルバムは
この4年のそれぞれの経験と思索が
きらきらと輝く宝石のようにちりばめられ
それまでのいかにもアジア的抒情に満ちた音を捨て去って
ただポップスというジャンルにはめるには余りに洗練された
そして変わらない6人のハーモニーが美しい
文句のつけようのない一枚となっている。
(もちろん、シナペンである私の視点からではあるが)
これはまさに新生シナ、いや不死鳥の神話。



120608shinhwa01_20120608230645.jpg



「The Return」
ヴァンパイアという不死の伝説をコンセプトに
韓国音楽界に帰還したシナ。
もちろん話題性の大きい現時点での注目度は
いずれ静まってしまうから
この先の道こそがいばらの道。
しかし、私はもはや心配という言葉を葬り去った。
シナは私が思っていたより知恵があり
勇気があり、何より何かを成し遂げるために
共に闘い助け合えるソウルメイト同士なのだ。
問題に突き当たるたびに
大きくなっていくのは彼らが正しく
「韓国歌謡界の神話」となるために違いない。
そのためにこそ6人のソウルメイトは
集められたのだろう。

今このときに私は何を書くべきだろう。
またゆらゆらと思いに沈む。

シナを2008年から見守ってきた一ファンとして
そのカムバックはまるで
長い間待っていた物語の続編が始まった、
いや長いプロローグが終わって
本編が始まったようなものに思える。

そういえば『神話再臨』というカテゴリを作ったのは
ブログを始めてすぐだったと思う。
シナがグループ活動を休止して一年後、
ソロを見守り続けるしかなかった私にとって
グループシナとしてのステージを渇望し
その滾るような思いを自分自身に確認するために
ブログを始めたのだから
当然のようにシナは6人でカムバックして
華麗なステージを見せてくれると信じていた。
それを一度も疑ったことはない。

6-1=0

それはまるで法律のように私のなかで
過たず実行されるべきものだった。



そうして2012年3月24日がやってきた。
そう、私の第二幕もまたここから始まらなければならない。


120608shinhwa03.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しならぶぐるぐる

Author:しならぶぐるぐる
ぐるぐるのシナペン歴、
5年となりました。
まだまだ続きます!

このブログは
シナがどんなにカッコいいか、
どんなにシナ曲が素晴らしくて
どんなにシナメンが面白いか、
ただただシナ大好きって
言ってるだけのパボログです。
新しい情報はありませんよ。

最新記事

最新コメント

15周年!

MUST

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。